旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

FCV(燃料電池車)のデメリットが普及の障害になるのか検証しました

FCV(燃料電池自動車)

FCV(燃料電池車)のデメリットが普及の障害になるのか検証しました
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

FCV(燃料電池車)のデメリットまとめ

燃料電池そのものの価格が高い
水素の貯蔵や搬送に高いコストがかかる
ガソリン車ほどの航続距離は実現していない
走行時の音が静かすぎる(歩行者に気付かれにくい)
水素を補給するための水素ステーションの整備が求められる

出典 http://xn--qevu4mf0e768b.net

水素を燃料にして、
排出するのは水だけという
究極のエコカーと言われるFCV(燃料電池車)ですが、
まだまだ課題もありますよね。

主なデメリットは燃料である水素の問題です。

水素を補給するための
水素ステーションの整備がなかなか進んでいません。

この問題はEV(電気自動車)のときもありました。

では、水素と電気の決定的な違いはなにでしょうか。

それは、日常的に使っているかどうかだと思います。

電気は、自動車の充電設備は普及に時間がかかりましたが、
電気自体は広く普及して
家庭にコンセントがありますよね。

だから自宅に帰れば確実に充電できるし、
駐車場とかに充電設備を作るのも
比較的簡単です。

それに対して、水素ステーションは難しいです。

ます水素がかなり危険です。

学校で実験したことある人多いと思いますが、
水素は火をつければ簡単に燃えます。

燃えるというより爆発すると言ったほうがいいでしょう。

学校の実験でもぽんっ、とかぼんっといって
爆発しましたよね。

だから、自宅に貯蔵しておくなんてことは
まず無理です。

あちこちで火災が発生して
取り返しがつかなくなります。

充分に安全対策をして
水素ステーションを作るしかないんです。

これが最大の普及の障害になっているのは
間違いないです。

障害はあるけど、普及するのが待ち遠しいFCVの魅力とは

水素社会へのロードマップが描かれています、実現がまたれますねー

EV、HV、PHV、FCVと選択肢が増えました、どれを選ぶかはあなた次第かも

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
1
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

月別アーカイブ

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!